単身男性向けリノベーションの秘訣

明日からの仕事を頑張ることができるようコンディションを整える、趣味を活かした自分だけの空間にする、仲間が集まりやすい部屋にする等...自分が大切にしている事のために、“快適な空間をつくりたい”という欲望を満たすことが、単身男性をターゲットにしたリノベーションの秘訣です。

本記事では、単身男性向けにリノベーションをした様々な事例をご紹介します。当社は、予算に合わせてリノベーションのプランをご提案していますので、気になる事例がありましたら最下段の「お問い合わせ」フォームよりご相談ください。



1.外の汚れを部屋の中に持ち込まない

帰宅してすぐに上着をかけられるように、玄関を入ってすぐの位置にハンガーパイプスペースを設置しました。また、置き場に困りがちなスーツケースも収納できるので、出張や旅行に行く機会の多い人にも便利。部屋に汚れやほこり等が持ち込まれませんので掃除も楽々です。



2.使い勝手の良い可動棚

玄関横の可動棚は、用途によって自由に高さが変えられるため、様々な大きさの物を収納できます。お気に入りのスニーカーコレクションやゴルフバッグ、釣りグッズ、アウトドアグッズまで自由に置くことができるので、単身男性に喜ばれます。



3.仲間と集まるひとときを楽しむ

普段の料理は最小限しかしないけれど、仲間と集まる時間は好きという男性をイメージして、キッチンはコンパクトなものを選び、バーカウンター風のデザインにしました。テーブルと椅子を置けば、仲間との時間を楽しめる即席のバーの完成です。



4.収納はたのしさ・使いやすさセットで

「隠す」「しまう」だけがお部屋の収納ではありません。よりオリジナルな自分空間を演出できるよう、用途の違う2タイプの収納をご用意しました。「見せる収納」として使える大型の飾り棚には、お気に入りのフィギュア、本やCD等のコレクションを飾ることができます。

「隠す収納」であるクローゼットには、日常品や季節もの等、とにかく増えがちな物もすっきり整理できます。



5.デザイン性と機能性

写真は、壁面や天井に設置した帽子掛けや棚、照明の事例です。機能性を兼ね備えた武骨なデザインは、そこでの生活がイメージできるように演出しました。住む人の発想次第で自由な使い方ができます。



6.身だしなみを整える

身だしなみを整えることやお風呂でゆっくりと疲れをとりたいと思うことは、男女とも変わりがありません。浴室や洗面化粧台への基本的なニーズは男女間に差がありません。人気のない3点ユニットはセパレートに変更。ゆったりと入浴し、新設した洗面化粧台で朝の身だしなみもしっかりと整えられるようにリノベーションしました。



いかがでしたでしょうか?

当社は、予算に合わせてリノベーションのプランをご提案しています。お気軽に「お問い合わせ」フォームよりご相談ください。