top of page

単身女性向けリノベーション5つの秘訣

女性向けの賃貸物件は、セキュリティやプライバシーが必須になります。また、収納がしっかりできることや水まわりの清潔感も重要です。最近の傾向では、テレワークの背景になりやすい空間やインスタ映えする空間がある部屋は、単身女性に特に人気です。

押入れを撤去。R型の垂れ壁の飾り棚とTVボードを作り付けた写真映えする部屋

本記事では、単身女性向けにリノベーションをした様々な事例をご紹介します。当社は、予算に合わせてリノベーションのプランをご提案していますので、気になる事例がありましたら最下段の「お問い合わせ」フォームよりご相談ください。



1.意外とよくある「室内が丸見え」を改善

施工前の部屋の中まで丸見えだった玄関と、施工後の目隠し壁を立てて、玄関と生活スペースを明確に区切った様子
施工前の室内から丸見えの玄関と、施工後の目隠し壁に機能性を持たせ、インターホンを設置した様子

玄関から室内が丸見えで、プライバシーが守りにくい間取りは、女性に嫌われます。そこで、玄関と居室の間に目隠し壁を新設しました。訪問者が玄関から室内を見渡すことができなくなり、気楽に宅配の受け取りにも出られるようになりました。



2.陽あたりの良い部屋に映えスポットを

施工前。古い和室と大きな押入れ
施工後。押入れを廃し、作り付けの棚とTVボードにして空間が広くなった部屋

陽あたりが一番良い部屋に押入れがあり、部屋を狭くしてしまっていたこちらのケース(施工前)。押入れを撤去し、飾り棚とTVボードを作り付け、広々とくつろげるお部屋にリノベーションしました。棚の上部にR型の垂れ壁を作り、棚奥にアクセントクロスを貼ったことで、写真映えする空間に変身しました。飾り棚は、自分のセンスでカスタマイズしやすく、インスタグラム等のSNSユーザーやテレワークをする人にも背景画面として喜ばれます。



3.オープンクローゼットと使い勝手の良いデスク

施工前。普通の洋室
施工後。部屋の壁面の1/4程度を作り付けのワークスペースに。残りの3/4はオープンクローゼットとした部屋

こちらのお部屋には、オープンクローゼットとデスクを新設しました。オープンクローゼットは、コートやロング丈ワンピースをかけて、その下にチェストを並べることができるスペースを確保したので、収納力が抜群です。このような扉がないオープンクローゼットは、工事コストを削減することもできて人気です。

またデスクは、明るい窓際にしつらえたので、PC作業やお出かけ前のメイク等、様々な用途で使えます。



4.メイクスペースにも ひと工夫!

  女優ミラーで美人度アップ!

全周ライトで顔を照らすミラーを洗面台に設置。鏡面に時計も内蔵されている。

こちらの物件では、洗面化粧室をリニューアルし、間接照明が組み込まれた鏡を採用しました。全周ライトで照らすため、顔に影ができにくく、メイクしやすいと人気のアイテムです。また、鏡に時計が組み込まれているので、時間を確認しながらメイクに集中できます。



5.バスタイムが美容タイムに

古びたユニットバスを特殊な樹脂コーティングでリニューアル。リファのシャワーヘッドも取り付けて女性に人気。

浴室の清潔感は、女性が特に気にするポイント。当社では、交換して大きな費用をかけるのではなく、「塗る」「貼る」「付ける」の3工程で、浴室を美しく生まれ変わらせる「お風呂セット」をお勧めしています。お風呂セットは、コストを3分の1程度に抑えることができる上、毛穴汚れや皮脂をキレイに取り除く効果がある人気シャワーヘッド「リファファインバブルS」が付いています。バスタイムがまるで癒しの美容タイムになります。


いかがでしたでしょうか?

当社は、予算に合わせてリノベーションのプランをご提案しています。お気軽に「お問い合わせ」フォームよりご相談ください。








Comments


bottom of page