top of page

ここまで変わる!アパートの外壁塗装5選_その2

落ち着いたトーンの青が際立つ、爽やかなアパート外観写真

アパートの外壁塗装では、修繕周期のタイミングで同じ色に塗り直す物件をよく目にしますが、本当にそれで良いのでしょうか?


物件ポータルサイトでアパート探しをする際、検索をかけて最初に表示されるのが、物件の外観写真です。しかも下記の調査のとおり、お部屋の図面や写真と同じくらい、外観写真が物件選びにおいて重要であることがわかっています。


物件ポータルサイトでアパート探しをする際に必要とされるアンケートの調査結果

次の入居が決まるまでの期間が長くなったと感じる場合は、同じ色で塗り直すのではなく、デザインの変更を検討してみてはいかがでしょうか? ちなみに朝日リビングでは、外壁塗装は2〜3色使っても、1色で塗り直すのとほぼ同じ金額で塗装することが可能です。


そこで今回は施工前よりも大きくイメージアップしたアパートの外壁塗装事例を5件ご紹介します。



■縦のラインを意識したシンプルでモダンな外観へ


Before

木部の手すりが老朽化したアパートの施工前の外観写真

After

シックでモダンなアパートの施工後の外観写真

スーパーなどが充実しているものの、周辺に街灯が少なく、夜は暗くて少し寂しいエリアに位置する築44年のアパート。単身男性をターゲットに、手すりの木部を撤去してシックでモダンな外観にイメージチェンジしました。



■1階と2階を色分けした特徴的な外観へ


Before

築33年の二階建てアパートの施工前の外観写真

After

明るい雰囲気となったアパートの施工後の外観写真

1階と2階を色分けしたアパートの施工後の外観写真

閑静な住宅地で、近くにスーパーや病院などもある築33年のアパート。DINKsやファミリーをターゲットに、緑の多い環境に調和しつつも明るい雰囲気の外観となりました。彩度を落としたゴールドとグリーンを1階と2階で分けて配色しているのが特徴的です。



■爽やかなコントラストが映える外観へ


Before

築22年の二階建てアパートの施工前の外観写真

After

落ち着いたトーンの青が際立つ爽やかなアパートの施工後の外観写真

駅からはやや遠いですが、近所に大学がある点、物件に駐輪場や駐車場が整備されている点から、学校まで自転車で通う学生や、車で通勤する単身社会人の入居が見込まれます。そこで、単身男性をターゲットに設定し、快活さと上品さを持ち合わせる落ち着いたトーンの青が際立つ、爽やかな外観に生まれ変わりました。



■イエローの2色使いでフレッシュな印象の外観へ


Before

築25年のアパートの施工前の外観写真

After

イエローの二色使いでフレッシュな印象になった施工後のアパート外観写真

駅から距離がありますが、緑豊かな地域で近くに小学校や公園も多数あり、子育てファミリーに適した住環境です。インパクトのあるイエローの2色使いで、明るくフレッシュな印象のアパートへと生まれ変わり、子育てファミリーを惹きつける外観になりました。




■反転させた色使いが特徴的な外観デザイン


Before

築24年の二棟並びのアパートの施工前の外観写真

After

二棟並びで色を上下に反転させたアパートの施工後の外観写真

主要駅から多少距離があり、車での移動がメインとなるエリア。周辺にはコンビニやショッピングモールなどの施設が充実しており、ファミリー層の入居が見込めます。そこで若いファミリー層をターゲットに、2棟を上下に反転させたコーディネート塗装と朱色のアクセントが目を惹く外観にリデザインしました。



■外壁塗装のポイント


いかがでしたでしょうか。

アパートの外壁塗装でも、ここまで変わることを感じていただけたでしょうか?

入居率の向上には、物件の外観はとても大切な要素です。大規模修繕工事などで外壁塗装を検討している方は、ぜひデザインの変更もご検討ください。










Hozzászólások


bottom of page