「リノベーション」って何? リフォームと何が違うの?

リフォーム」と「リノベーション」は似た意味を持つ言葉のように感じますが、両者の違いとは、具体的に何なのでしょうか?「リフォーム」と「リノベーション」の違いをご紹介します。


最近よく見聞きする“リノベーション”という言葉。「よく耳にするけど。。。どういう意味?」「ああ、最近流行ってるやつね。」「おしゃれなリフォームのことでしょ?」なんて声が聞こえてきます。なんとなく聞き流してきた、もしくは、今さら聞けない「リノベーション」。リフォームとの違いをハッキリご説明しましょう!


インターネットで検索してみると…


  • 「修繕」リフォーム→新築時の状態に近づくように復元すること

  • 「改修」リノベーション→新築時とは違う次元に刷新すること


という説明が多いようです。


また、『リフォームが一般的な修繕を意味するのに対して、リノベーションは刷新の意味合いが強い』(HOME’S不動産用語集)や『「リフォーム」=原状回復的な修繕・営繕、不具合箇所に対する部分的な対処。「リノベーション」=機能、価値の再生のための改修。その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修。』(リノベーション協議会)などの説明もとてもわかりやすいです。


ただ、「リノベーション」や「リフォーム」という言葉は、厳格に定義されているわけではなく、使う人や企業によっても微妙に意味が異なるようです。



それでは、ハッキリご説明しましょう!


「価値を高める」意図を強める場合に「リノベーション」という言葉を使います!!


私たち朝日リビングは、賃貸物件の改修のことを『賃貸リノベーション』と表現しています。賃貸物件におけるリノベーションは、オーナー様の資産である物件価値を守り、向上することを目的とします。また、入居促進や退去抑制を目的として、入居者が暮らしやすい物件にすることです。オーナー様の立場に立ちつつ、そもそもリノベーションが必要なのかの判断も含めて、入居者目線で企画することが大切です。


私たちの朝日リビングは、入居者が住みたくなるような住まいをつくることを使命としています。外装・内装を問わず、賃貸リノベーションについてご検討の際は、ぜひご相談ください。